初回無料相談受付中

受付時間/平日 9:00~18:00

大阪電話アイコン06-6204-6688 北大阪電話アイコン06-6382-1264 神戸電話アイコン078-335-8118

NEWS

ニュース

2019.07.01

相続税の電子申告について

今まで所得税や法人税はe-Taxから申請できていましたが、相続税では電子申告が導入されていなかったため、手間と時間がかかっていました。

しかし本年(2019年)10月1日からe-Taxにて相続税の申告ができるようになります。

遺産分割協議書の写しなど申告に必要な書類はPDFなどのデータで提出できるように検討が進められています。

 

e-Taxで申告できる相続税の対象となるのは平成31年分以降の申告(2019年1月1日以降に相続などで財産を取得した方の申告)からです。

小規模宅地特例などの特例適用時の申告や、相続時精算課税精度を適用した申告についてもe-Taxでの申請が可能になります。

 

 

電子申告のメリット・デメリットを紹介します。

 

【メリット】

  • 確定申告時期は24時間提出が可能

確定申告の際、1時間以上並んだ方もいるのではないでしょうか。

ネット環境があれば自宅から申請できるので時間短縮になります。

 

  • 税理士が申告書に電子署名することで、相続人の署名が不要になる

親戚が遠くにいる方や期限が迫っている場合に手間が省けます。

 

  • 相続税申告書の控えを紙でなくデータで保存できる

電子データだと、しっかりバックアップを取っておけば紛失する心配がありませんし場所も取りません。

ご希望があれば紙のデータでお渡しすることもできますので、ご安心ください。

 

  • 相続人の本人確認書類が不要

マイナンバーを添付する場合は本人確認書類を添付しないといけませんが、「税理士証票の写し」と「納税者本人の番号確認書類」は不要です。

 

 

 

 

【デメリット】

  • 非上場株式や農地など、納税猶予制度の申告については受付できない

 

 

 

 

詳しい内容をお知りになりたい方は、お気軽に弊法人までお問い合わせくださいませ。

 

一覧へ戻る

初回に限り無料相談を実施しております。
お気軽にご相談下さい。

無料相談は、専門家がお客様のお悩みをしっかりとお聞かせいただきたいため、直接お会いする面談形式のみとさせていただいております。ご連絡いただいた際に、ご都合の良い日をご連絡ください。担当者のスケジュールを確認し、ご相談の日時を調整させていただきます。


PAGE TOP